脱毛サロンは秋から冬に通おう!!

私はワキの脱毛をやりたいと思っていましたが、如何にやってサロンを見つけたらいいか、どの季節からスタート出来たらよいかなど全く分からず、通えずにいました。

露出の多々ある真夏が終わって秋が来て、露出が少ない季節になり脱毛の事もあまり考慮しなくなった時、新聞広告で「脱毛を開始するなら秋か真冬がチャンス」というテキストを見ました。

よく読んでみると、脱毛は施術したからと言って直ちにに毛が無くなるわけではない、1か月から1か月半に1回のペースで通う必須がある。

4,5回目の施術くらいから毛の量が格段に少なくなるので、秋から真冬にかけて脱毛を着手すると翌年の桜の季節には施術はすべて終わってないけど、毛が少なくなっている段階に来ているという事なのです。

そして施術したところは日焼けに配慮しなければならないけど、秋、真冬の紫外線が弱い季節だと心配無用で、しかもは、秋冬は脱毛の事を思案する人が少なくなるため、サロンが空いている。

従って予約が取りやすい、そしては運がよければイベントプライスで施術を受けられるかもしれないという事なのです。

これを知って私も10月ごろから脱毛をスタート出来ました。

予想通り、イベント金額で普通よりも安い代金で契約ができた上に、サロンに通う人が少ないせいか予約が取りやすく、待ち時間もそんなにないのですでした。

加えて翌年の3月ごろには毛が格段に少なくなっており、半そでを着ても必要ない毛が不安になりませんでした。

脱毛をやろうか如何にか迷っているなら、秋か真冬に開始するとリーズナブルがいっぱいです。

化粧に気をつけて美しく

化粧の手法は、毎日やっているとどこか疎かになっていくこともあります。

結婚して息子がいる主婦でも、30代前半まではスタイリッシュやメイクを意識して研究しているものですが、30代中頃から40代になると移り変わりに疎くなるものです。

いつもの習性になっているメイクを続けていても、年々歳を取り顔は変わっていきます。

いつものメイクをしていると実際の顔つきと合わない、余分に年齢が高く見えてしまう事があります。

最初に眉を再検討ましょう。

年齢は眉に現れます。

眉を変えるとトレンド感も出ます。

いつまでも細い眉のままだと老けて見えてしまいます。

アイブロウペンシルで眉山の下を埋めて描き、太めにします。

自らの眉よりもちょっと明るい眉マスカラを重ねて立体感を出すと良いです。

続いてチークです。

チークはパウダーのチークを何年も使っている人もいるかもしれません。

フレッシュな人向けと思わずに練りチークを利用し移り変わりをつけましょう。

血色良く見えるちょっと明るすぎるかも、という色を選択します。

指で頬にトントンと軽く乗せると自然なチークになります。

アイライン、マスカラは黒を選ばずにブラウンにして抜け感を満喫ます。

配慮やりたい点が、明るすぎないブラウンにする事です。

自然で、黒よりも柔らかなフィーリングになるブラウンを選択します。

ブラウンの良い所は、急いでアイラインを引いても間違いが際立たない、太くなってしまっても優しく見えるところです。

たまにはいつもの化粧を再考て、新鮮な化粧にトライすると心のアンチエイジングにもなるはずです。

ムダ毛の脱毛はヒートカッターで

無意味毛の処理に苦戦している人は多々あるですが、脱毛サロンには行きにくいのは陰部の処理です。

この箇所の脱毛を人にお願いするのは気が引けるのはある意味正常でしょう。

そんな訳で自身で可能な無意味毛処理可能なヒートカッターについて見ていく事にしましょう。

・毛を焼き切る 
ヒートカッターは熱を利用し毛を焼き切ります。

毛を焼き切るなどと言うとびっくりする人もいるかもしれません。

でも、別に滅多にない事です。

昔から、例を挙げると線香などを利用し毛を焼き切る人がいます。

 ただ、線香はあまりお勧め可能なものではないです。

火傷の危うい性も大きいのでヒートカッターを使用する方がいいでしょう。

ヒートカッターの仕組みとしては、毛を焼き切るために熱線が肌に触れないようにコームがガードしてくれる体系になっています。

 これにより火傷をする事無く無意味毛を処理可能なという事です。

・ヒートカッターのいいところ 
例を挙げるとはさみや剃刀でセルフ脱毛する仕方もあります。

ただし、これだと毛先が鋭くなりチクチクします。

特にアンダーヘアーのように太くてちゃんととした毛が生えている箇所は、チクチクしていたら不快な感覚になります。

 他にも毛の先が営利になっていますから、ショーツから突き出して照れくさい事になるかもしれません。

その点、ヒートカッターを使えば毛を焼き切る事が可能なので、毛先が丸くなります。

このおかげでチクチクした嫌な感触に悩まされる事もないのです。

 脱毛サロンで陰毛の処理をするのが嫌な人は、ヒートカッターを利用し脱毛してみてはどうでしょうか。

脱毛は時間がかかる

実のところに脱毛をしてみるまで、脱毛は何回かで終わるものだとばかり思っていました。

けれども、それはクリニックの脱毛の話で、脱毛サロンで脱毛をするとなるととどのつまり適度に時が必要になるという事がわかりました。

脱毛サロンだとクリニックの3倍近く多々ある回数が必須になるので、それがわかった時点で脱毛サロンからクリニックでの脱毛に変えようかなと考えました。

ただし、クリニックは回数が少ないのは良いものの苦痛が強いという事で、そこが悩ましいでした。

なので結局回数の多さは我慢をして、脱毛サロンの方で脱毛をしました。

痛さが強いよりは良かったと思っていますが、その一方でとどのつまり脱毛サロンでの脱毛はかなり長い間時が不可欠でした。

なにせツルツルに脱毛するのに15回くらいは必須という事になり、毛周期にあわせて数ヶ月に一回しか脱毛ができない状況です。

しかも脱毛サロンは予約が取りにくい事も少なくなく、不必要に長い間かかりました。

結果的に全身脱毛は4年程通って、やっと完了しました。

女は懐妊などの問題もあるので、できれが学生のうちなど時が確実に豊富にあるポイントから脱毛は開始出来た方が良いなと考えました。

今後脱毛サロンで脱毛をやりたいと思っている方は、痛さの面では何も気がかりは不要なと考えますが、回数や通う期間については結構必須になるという事を何とぞとも覚えておくようにしましょう。

それが嫌なら、クリニックの方が良いと考えます。