化粧に気をつけて美しく

美を追求する女性
化粧の手法は、毎日やっているとどこか疎かになっていくこともあります。

結婚して息子がいる主婦でも、30代前半まではスタイリッシュやメイクを意識して研究しているものですが、30代中頃から40代になると移り変わりに疎くなるものです。

いつもの習性になっているメイクを続けていても、年々歳を取り顔は変わっていきます。

いつものメイクをしていると実際の顔つきと合わない、余分に年齢が高く見えてしまう事があります。

最初に眉を再検討ましょう。

年齢は眉に現れます。

眉を変えるとトレンド感も出ます。

いつまでも細い眉のままだと老けて見えてしまいます。

アイブロウペンシルで眉山の下を埋めて描き、太めにします。

自らの眉よりもちょっと明るい眉マスカラを重ねて立体感を出すと良いです。

続いてチークです。

チークはパウダーのチークを何年も使っている人もいるかもしれません。

フレッシュな人向けと思わずに練りチークを利用し移り変わりをつけましょう。

血色良く見えるちょっと明るすぎるかも、という色を選択します。

指で頬にトントンと軽く乗せると自然なチークになります。

アイライン、マスカラは黒を選ばずにブラウンにして抜け感を満喫ます。

配慮やりたい点が、明るすぎないブラウンにする事です。

自然で、黒よりも柔らかなフィーリングになるブラウンを選択します。

ブラウンの良い所は、急いでアイラインを引いても間違いが際立たない、太くなってしまっても優しく見えるところです。

たまにはいつもの化粧を再考て、新鮮な化粧にトライすると心のアンチエイジングにもなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez